相談事例

沼津の方より相続のご相談

2021年04月08日

Q:司法書士の先生にご相談です。現在、財産調査を行っていますが、銀行通帳が見つかりません。(沼津)

沼津に住んでいる50代の会社員です。先月、沼津の病院で父が亡くなりました。相続人は母と私の二人のみで、現在は母と一緒に財産調査を行っている段階です。父とは生前少し相続について話したことがあり、相続財産として預貯金がいくらあるかなどは伝えられていました。しかし、父の口座の通帳とカードが見つかりません。父がどこの銀行を利用していたのかということがわかれば、相続に必要な旨を伝えればよいのかと思いますが、どこの銀行を利用していたのかがわからないため、問い合わせることもできません。そこで司法書士の先生に質問なのですが、母と私でそれらについて調べることは可能でしょうか?(沼津)

A:相続人の証明のために戸籍謄本を用意し、銀行から残高証明書を取り寄せることができます。

この度は静岡東部相続遺言相談室にお問い合わせありがとうございます。 被相続人が亡くなられたら、まず遺品整理を行って通帳やキャッシュカードを探します。 ご相談者様の場合、銀行通帳が見当たらないとのことでしたので、亡くなったお父様が遺言やエンディングノートを遺されていないか探してみてください。通帳などといった個人情報を遺族がすべて把握しているということは稀ですのでどこかにメモをしている可能性もございます。また、下記のようなものについても探してみてください。銀行名の手がかりになる可能性があります。

  • 銀行の名前が入ったカレンダー
  • 銀行からの郵便物やアメニティーグッズ

遺言やエンディングノートに本人が残したメモのようなものがない場合や、銀行名をたどるようなものが見当たらない場合、相続人は銀行に対して個人の口座の有無や口座の残高証明や取引履歴などの情報開示を求めることができます。

手がかりになるようなものが全く見つからない場合は、自宅や会社近くの銀行に直接問い合わせてみましょう。また、これらの請求をする際には、相続人の証明となる戸籍謄本の提出が求められる可能性がありますので準備しておきます。

ご自身での調査が難しい、またはご不安がある場合は、相続の専門家が在籍する静岡東部相続遺言相談室に依頼し、専門家に託してみてはいかがでしょうか。戸籍の収集から財産調査、相続手続き全般について相続の専門家が豊富な経験をもとにしっかりとサポートさせていただきます。
沼津にお住まい、お勤めの方のみならず、被相続人の方が沼津にお住まいであった場合でも構いません。相続についてのご相談がある方は静岡東部相続遺言相談室の初回無料相談をご利用ください。沼津の地域事情に詳しい司法書士が沼津の皆様の親身になって、相続や遺言書作成、生前対策に関して全力でサポートさせていただきます。沼津の皆様、お気軽にお問い合わせください。

 

 

沼津・三島・静岡で相続・遺言についてお悩みの方は静岡東部相続遺言相談室まで!

ご相談から解決までの流れ

相続の失敗事例

お客様の声

スタッフ紹介

サービス料金表

事務所紹介

 

  • 家族信託の無料相談

相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続の基礎知識
  • 生前準備の基礎知識