会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

地域 | 静岡東部相続遺言相談室

沼津の方より遺言書についてのご相談

2022年12月02日

Q:自分の財産は寄付しようと思っていますが、実現するには遺言書を作ると良いと聞きました。司法書士の先生教えてください。(沼津)

私は沼津に長年住んでおり、歳は70代後半になりました。これまでの人生、30代で一度は結婚をいたしましたが数年で離婚をし、子どもは授からなかったこともありその後は1人で気ままな人生を歩んでいます。とはいえ、沼津では両親の介護がありましたので、この10年ほどは父母に恩返しの意味でも介護に精を出し、昨年には両親ともに旅立ちを見送りました。私もいい歳になりましたので、自分の亡き後は両親を共に支えてくれた沼津の介護施設に全財産を寄付したいと思うようになりました。私の身内には兄家族がおりますが、兄も私には思うようにすれば良いと言ってくれています。私の意志を実現させるためには、遺言書を作ると良いと聞いたのですが、どのような準備をすれば良いのかお伺いします。(沼津)

A:公正証書遺言により確実に寄付を実現できます。

遺言書を作成することにより、ご自身の思いを実現させることができます。なお、民法において遺言書の普通方式には自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。

ご相談者様が確実に希望の介護施設に寄付したいようであれば、公正証書遺言を作成することが最も実現するに相応しい遺言書といえます。公正証書遺言は、公証役場の公証人が遺言者の意志を口述したものをもとに遺言内容を書き起こすため、不備のない書式で作成でき、遺言書の原本は公証役場に保管されるため書き換えや紛失の心配もありません。また、遺言書を開封する際の検認手続きは不要です。

なお、相続人以外の団体・施設への寄付を実現するためには、遺言書に遺言執行者を選定しておきます。遺言執行者とは、遺言書にのこした内容を実行するために各種手続きをおこなう人をいいます。そのため遺言執行者には公正証書遺言の存在を知らせておきましょう。 

また、遺言書には、寄付先の正式な施設名と寄付内容を記載します。施設によっては現金のみの受付という団体もあるため、事前に確認しておくことが大切です。

今回のご相談者様のように、希望の寄付先が決まっているという場合は公正証書遺言によって遺言者の意志が実現できますが、遺言書をのこさずにお亡くなりになった場合には、法定相続人に財産が相続されることになります。また、もしも身寄りが全くいらっしゃらないといった場合には、ご相談者様の財産は国のものになります。

静岡東部相続遺言相談室では、相続手続きについて沼津の皆様に分かりやすくご説明できるよう、相続手続きの専門家による無料相談の場を設けております。
また、相続手続きのみならず、相続全般に精通した司法書士が沼津の皆様のお悩みを丁寧にお伺いさせていただいておりますので、遠慮なくお問い合わせください。
沼津の皆様、ならびに沼津で相続手続きができる事務所をお探しの皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げております。

三島の方より遺言書についてのご相談

2022年11月02日

Q:司法書士の先生にお伺いします。三島で亡くなった父の遺言書に、長男の自分が遺言執行者に指名されていました。遺言執行者とは何をする人なのでしょうか。(三島)

先日、父が三島市内の病院で亡くなりました。母は2年前に旅立っており、残された自分と弟と妹の3人で遺品整理をしていたところ、遺言書を見つけました。遺言書は自分で開けてはいけないと聞いていたので、公証役場に持っていき検認してから開封しましたが、遺言執行者という聞きなれない言葉があったので教えて下さい。そこには、遺言執行者を長男に指名すると書いてあり、自分が長男なので遺言執行者という事になります。ただ、自分は現在三島から離れたところに住んでいるため、指名されても役所などへの行き来も大変ですし、場合によってはやらなくても済むのかとか、その辺のこともわかりません。回答をよろしくお願いします。(三島)

A:遺言執行者は、遺言書の内容を実現するにあたりさまざまな手続きを行う人です。

遺言の検認が終わると、いよいよ遺言内容を実現させていくことになります。遺言書の内容を実現するには各種さまざまな手続きがあり、遺言ではそれらの手続きを相続人の代表として執行する遺言執行者を指定できます。遺言執行者の役割としましては、不動産の名義変更、相続財産の分配など、遺言書の内容を実現させるための各種手続きの執行などです。

なお、遺言で指定を受けた人が遺言執行者を辞退することも認められています。辞退したい場合は、就任前に他の相続人に辞退する旨を伝えることで可能ですが、一度引き受けてから途中で辞退したいとなった場合には、遺言執行者本人の意向のみでは決められず、家庭裁判所に申し立てをしなければなりません。遺言執行者を退任できるかどうかの是非は家庭裁判所が判断するので、就任後の各種手続きなどに不安があるのであれば、就任前によく検討することが大切です。

遺言執行者は、指定を受けると早速遺言内容の実行に取りかからなければなりませんので、ご相談者様のように役所などの手続きに悩まれる方は、相続の専門家に一度相談されることをおすすめします。

静岡東部相続遺言相談室は、相続手続きの専門家として、三島エリアの皆様をはじめ、三島周辺の皆様から多くのご相談、ご依頼をいただいております。
静岡東部相続遺言相談室
では、ご依頼いただいた皆様の相続手続きについて、三島の地域事情に詳しい司法書士が親身になってサポートさせていただきます。まずは静岡東部相続遺言相談室の初回無料相談をご利用のうえ、お気軽にご相談ください。静岡東部相続遺言相談室のスタッフ一同、三島の皆様、ならびに三島で相続手続きができる事務所をお探しの皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げます。

沼津の方より相続に関するご相談

2022年10月04日

Q:内縁の妻に財産を残すためにはどのようにすれば良いでしょうか(沼津)

私は、内縁関係の妻と20年以上沼津市内で暮らしています。内縁の妻も私も、お互い再婚同士です。離婚してから20年以上経過していますが、お互いに元配偶者との間に子供がいることなどから籍を入れずに暮らしてきました。

内縁の妻には長年支えて貰い、今後私に何かあった時に、内縁の妻に私の財産を残したいと考えています。前妻との間には子どもが2人おり、関係は良好です。私の財産の相続人は2人の子どもにあたるかと思いますが、どうすれば内縁の妻にも財産を残すことができるのでしょうか。2人の子どもと内縁の妻とは面識がなく、私が亡くなった後のことではありますが、わだかまりのないよう財産を分割したい気持ちです(沼津)

A:遺言書を内縁の奥様とお子様達が納得できるように作成することをお勧めします。

現在の法律では、内縁の奥様にはご相談者様の財産の相続権はありません。ですが、遺言書を作成することで、遺贈という形で相続人ではない方にも財産を残すことが可能です。

遺言書には「自筆証書遺言」、「公正証書遺言」、「秘密証書遺言」、という3つの種類があるのですが、ご相談者様のような場合には、「公正証書遺言」をお勧めします。「公正証書遺言」とは、公証役場にて公正証書で作成する遺言書で、原本を公証役場で保管できることから紛失の心配がいらないことが特徴です。遺言書の内容は、公証人が本人から聞き取ることで作成するので、自筆証書遺言に比べて確実な遺言書を遺すことができます。

そして、遺言執行者を指定しておき、遺言の内容を確実に執り行ってもらうようにしましょう。遺言執行者は、遺言書の内容に沿って財産分割の手続きを法的に進める権限を持っています。内縁の奥様が相続手続きで困らないためにも、必要となるでしょう。

また、お子様2人の相続ですが、法定相続人であるお子様達には相続財産の一定割合に関して受け取れるように法律で定められています。この取得割合のことを遺留分といいます。内縁関係にある奥様に財産のほとんどを遺贈するといった内容の遺言書を残した場合、お子様達の遺留分を侵害してしまう可能性があります。お子様達が内縁の奥様に遺留分侵害額を請求し、トラブルになってしまうこともあるでしょう。そうしたことから、両者が納得できる内容で遺言書を作成すると良いでしょう。

静岡東部相続遺言相談室は遺言書の専門家として、沼津エリアの皆様をはじめ、沼津周辺の皆様から多くのご相談、ご依頼をいただいております。静岡東部相続遺言相談室ではご依頼いただいた皆様の遺言書の作成について、沼津の地域事情に詳しい専門家が親身になってサポートさせていただきます。まずは静岡東部相続遺言相談室の初回無料相談をご利用のうえ、お気軽にご相談ください。静岡東部相続遺言相談室のスタッフ一同、沼津の皆様、ならびに沼津で遺言書の作成ができる事務所をお探しの皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げます。

 

 

沼津・三島・静岡で相続・遺言についてお悩みの方は静岡東部相続遺言相談室まで!

ご相談から解決までの流れ

相続の失敗事例

お客様の声

スタッフ紹介

サービス料金表

事務所紹介

 

  • 相続&事業承継で頼りになるプロフェッショナル セレクト100
  • 当相談室へ無料相談するメリット
  • 家族信託の無料相談

相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続の基礎知識
  • 生前準備の基礎知識