会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

相続手続き | 静岡東部相続遺言相談室

三島の方より遺言書についてのご相談

2022年11月02日

Q:司法書士の先生にお伺いします。三島で亡くなった父の遺言書に、長男の自分が遺言執行者に指名されていました。遺言執行者とは何をする人なのでしょうか。(三島)

先日、父が三島市内の病院で亡くなりました。母は2年前に旅立っており、残された自分と弟と妹の3人で遺品整理をしていたところ、遺言書を見つけました。遺言書は自分で開けてはいけないと聞いていたので、公証役場に持っていき検認してから開封しましたが、遺言執行者という聞きなれない言葉があったので教えて下さい。そこには、遺言執行者を長男に指名すると書いてあり、自分が長男なので遺言執行者という事になります。ただ、自分は現在三島から離れたところに住んでいるため、指名されても役所などへの行き来も大変ですし、場合によってはやらなくても済むのかとか、その辺のこともわかりません。回答をよろしくお願いします。(三島)

A:遺言執行者は、遺言書の内容を実現するにあたりさまざまな手続きを行う人です。

遺言の検認が終わると、いよいよ遺言内容を実現させていくことになります。遺言書の内容を実現するには各種さまざまな手続きがあり、遺言ではそれらの手続きを相続人の代表として執行する遺言執行者を指定できます。遺言執行者の役割としましては、不動産の名義変更、相続財産の分配など、遺言書の内容を実現させるための各種手続きの執行などです。

なお、遺言で指定を受けた人が遺言執行者を辞退することも認められています。辞退したい場合は、就任前に他の相続人に辞退する旨を伝えることで可能ですが、一度引き受けてから途中で辞退したいとなった場合には、遺言執行者本人の意向のみでは決められず、家庭裁判所に申し立てをしなければなりません。遺言執行者を退任できるかどうかの是非は家庭裁判所が判断するので、就任後の各種手続きなどに不安があるのであれば、就任前によく検討することが大切です。

遺言執行者は、指定を受けると早速遺言内容の実行に取りかからなければなりませんので、ご相談者様のように役所などの手続きに悩まれる方は、相続の専門家に一度相談されることをおすすめします。

静岡東部相続遺言相談室は、相続手続きの専門家として、三島エリアの皆様をはじめ、三島周辺の皆様から多くのご相談、ご依頼をいただいております。
静岡東部相続遺言相談室
では、ご依頼いただいた皆様の相続手続きについて、三島の地域事情に詳しい司法書士が親身になってサポートさせていただきます。まずは静岡東部相続遺言相談室の初回無料相談をご利用のうえ、お気軽にご相談ください。静岡東部相続遺言相談室のスタッフ一同、三島の皆様、ならびに三島で相続手続きができる事務所をお探しの皆様からのご連絡を心よりお待ち申し上げます。

沼津の方より相続に関するご相談

2022年09月01日

Q:父の相続手続きをすることになりました。司法書士の先生、相続の流れについて教えて下さい。(沼津)

沼津市内の病院に病気で入院していた父が亡くなりました。すぐにやらなければならない葬儀は済ませましたが、これから相続手続きを始めなければならず、何から手をつけていいか分からないため困っています。なによりもまず相続の流れを知っておいた方がいいと思いますので、沼津で相続を専門とする貴所の司法書士の先生に教えていただければ幸いです。もし必要でしたら貴所に伺います。(沼津)

A:相続手続きは複雑で厄介です。初回のご相談は無料ですのでぜひ一度ご来所ください。

実はご逝去後は悲しんでいる余裕がないほどやらなければならないことが非常に多くあります。ご遺族の中には悲しみに暮れるよりは、亡きご家族のために忙しくしている方が気持ちが紛れていいとおっしゃる方も少なくないほどです。

ご家族が亡くなり、相続が発生したらまず亡くなった方(被相続人と言います)が遺言書を遺していないか探しましょう。基本的に相続では法定相続よりも遺言書の内容が優先されるだけでなくその手続きも大きく異なります。遺言書が見つかった場合は遺言書の指示通りに遺産分割を行い、遺言書がなかった場合は遺産分割協議を行って、遺産の分割方法について相続人全員で話し合います。

こちらでは遺言書が見つからなかった場合の相続手続きの流れをご紹介します。

①相続人の調査:相続人を確定する必要があるため、被相続人の出生から死亡までの全戸籍を収集します。結婚や転勤などで転籍をしている人も多く、この場合は過去に戸籍を置いたすべての役所で取り寄せる必要があり、多くの時間を要する可能性があります。また、相続人の戸籍謄本も取り寄せておきましょう。

②相続財産の調査:遺産分割の際に必要となるため、被相続人が所有していた全財産を調査します。現金や不動産などのプラス財産だけでなく借金や住宅ローンなどのマイナス財産も漏れのないよう調べて下さい。なお、ご自宅が持ち家の場合や不動産をお持ちの場合は登記事項証明書、固定資産税の納税通知書、銀行の通帳なども集めます。全財産が明確になりましたら相続財産目録を作成し、財産が一目でわかるようにしておきます。

③相続方法の決定:相続放棄や限定承認をする場合には期限があるため注意します。“自己のために相続が発生したことを知った日(通常は被相続人の死亡日)から3ヶ月以内”に手続きを行わないと、借金も相続する「単純承認」をしたものとみなされてしまいます。

④遺産分割を行う:相続人全員で財産分割について話し合います(遺産分割協議)、まとまった内容を「遺産分割協議書」として残します。遺産分割協議書には相続人全員で署名・押印を行い、不動産の名義変更の際に必要となるため保管しておきます。

⑤財産の名義変更を行う:相続した財産によっては、被相続人から相続人へ名義変更をします。

相続手続きの際に発生しやすいトラブルを避け、スピーディーな手続き完了を目指す静岡東部相続遺言相談室では、沼津周辺エリアの皆様の複雑な相続手続きに関するお手伝いをさせていただいております。
静岡東部相続遺言相談室には、沼津の地域事情に詳しい相続手続きの専門家が在籍しており、沼津の皆様の相続全般に関する疑問や不安点、難しい専門用語などについても司法書士が親身になってご対応いたします。初回のご相談は無料ですので、沼津の皆様、ならびに沼津で相続手続きができる事務所をお探しの皆様、どうぞお気軽にお問い合わせください。

 

沼津の方より不動産相続に関するご相談

2022年07月01日

Q:遠方にある不動産相続手続きで困っています。司法書士事務所に伺うべきでしょうか。(沼津)

父が亡くなり、唯一の相続人である私が沼津にある実家と父の故郷である鹿児島の不動産を相続しました。他に相続人がいないため遺産分割協議を行う必要もなく、相続自体は揉めようがありません。しかしながらむしろ手続きを全て一人でやらなければならないため、仕事をしている身としては非常に困っています。

どのような土地なのか一度は訪問すべきとは思っていますが、手続きのために何度も鹿児島に行くことは、費用の面からも避けたいと思っています。不動産相続の手続きはやはり各地域の法務局で行わなければならないのでしょうか。可能であれば沼津の法務局で手続きをしたいです。(沼津)

A  実際に不動産相続した地域に赴いて手続きをする必要はありませんのでご安心ください。

不動産相続の相続登記申請は、不動産の所在地を管轄する法務局で行う必要があり、複数地域の不動産を相続した場合は各地域の法務局で不動産相続手続きを行います。しかしながら、実際に赴いて行う必要はありません。

不動産相続手続きの申請方法をご紹介します。

①窓口申請:各地域の法務局窓口で申請する方法です。法務局の開局日と開局時間を確認してから訪問しましょう。

②オンライン申請:パソコンに「申請用総合ソフト」をインストールしたうえで申請します。登記申請書を作成し,その情報を管轄の登記所に送信します。日本全国の法務局がオンライン申請に対応しています。

③郵送申請:申請書を作成して郵送で送付します。申請内容にミスがあった場合、郵送でのやり取りを重ねることになるため時間がかかります。送付先に到着ミスがあった際に確認できるよう必ず簡易書留以上の方法で送付します。また、こちらの住所氏名を記載した返信用封筒を同封しておくとスムーズです。

不動産相続の登記申請は申請書の書き方など厳密なルール多々あります。1つでもミスがあると申請者自身で修正をしなければなりませんので、ご自分で進めるのがご心配な方やお時間のない方は専門家にご相談ください。

不動産相続手続きは正確かつ迅速に行う必要がありますので、相続が発生した際は不動産相続手続きを得意とする静岡東部相続遺言相談室の専門家にお任せください。
沼津をはじめ、多数の地域の皆様から相続手続き全般に関するご依頼を承っている静岡東部相続遺言相談室の専門家が、沼津の皆様の相続手続きがよりよいものになるよう、手続き完了までしっかりとサポートをさせていただきます。
初回のご相談は無料でお伺いしておりますので、沼津の皆様、ならびに沼津で不動産相続手続きができる事務所をお探しの皆様におかれましてはお気軽にご連絡ください。

 

 

沼津・三島・静岡で相続・遺言についてお悩みの方は静岡東部相続遺言相談室まで!

ご相談から解決までの流れ

相続の失敗事例

お客様の声

スタッフ紹介

サービス料金表

事務所紹介

 

  • 相続&事業承継で頼りになるプロフェッショナル セレクト100
  • 当相談室へ無料相談するメリット
  • 家族信託の無料相談

相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続の基礎知識
  • 生前準備の基礎知識