会社設立・会計業務・各種許認可に関するご相談事例をご紹介いたします。

相続手続き

三島の方より相続のご相談

2022年03月01日

Q:相続の手続きをしたことがありません。司法書士の先生に詳しく教えていただきたいです。(三島)

先月、三島市の自宅で一緒に暮らしていた妻が亡くなりました。馴染み深い地元の三島市で葬儀場を探し、先週葬式を終えたところですが、相続の事に関しては全くの無知で何をするべきかなどがわからず困っています。遺産は特に目立ったものもなく、自宅や通帳預金くらいかと思います。手続きの進め方や用意するものなど相続について教えてください。(三島)

A:相続手続きには提出期限があるものもあります。お困り事などもぜひ専門家に相談しましょう。

この度は静岡東部相続遺言相談室にご相談いただき、誠にありがとうございます。

まず、被相続人が生前に書き残した遺言書がないかを確認します。基本的に民法で定められた法定相続よりも遺言書に書かれた内容が優先されますので、ご自宅での遺品整理の際、遺言書を必ず探して下さい。

遺言書が見つからなかった場合、被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本を取得し、相続人を確定させます。遺産相続の手続きの際に使用するため、他の相続人の戸籍謄本も取り寄せておきましょう。

続いて、被相続人の相続財産について調査します。相続財産全体の内容が一目でわかるように相続財産目録を作成します。作成するにあたって不動産の登記事項証明書、固定資産税の納税通知書、銀行の通帳などを集めます。銀行の通帳がみあたらない場合や近日中に記帳されていなければ、亡くなった日を基準として残高証明書を取り寄せましょう。また不動産の所在が分からない時には該当する市町区村に名寄帳を請求することで、その市内に存在する被相続人名義の不動産の有無がつかめます。

基本的な準備は以上になります。その後、遺産を誰にどのように分割するかを相続人全員で話し合う遺産分割協議を行います。話し合いで遺産の分割方法を決めた後、決定内容を遺産分割協議書に記載し、相続人全員で署名・押印を行います。遺産分割協議書は、相続手続きで取得した不動産の名義変更や被相続人の預貯金を引き出す際にも必要となりますので、管理に気を付けましょう。

静岡東部相続遺言相談室では、三島にお住まいの皆さまの相続に関するお困り事やご相談に寄り添ってサポートさせていただきます。相続手続きでは手間やアクシデントが多々ありますが、様々な相続手続きのサポートを経験豊富な専門家がお手伝いさせていただいております。三島・三島近郊の皆さま、手続きや相続人トラブル等でお悩みの際はもちろん、少しでも相続について不安な事がありましたら、まずは無料相談をご利用ください。

沼津の方より相続についてのご相談

2021年12月01日

Q:司法書士の先生に遺産相続についてお聞きしたいのですが、母の相続財産が不動産しかない場合、姉妹で分けることは可能でしょうか。(沼津)

2カ月前母が亡くなり、遺産相続をすることになりました。姉と私は都内に勤務していて、父とは5年前に死別しているため、母は沼津の実家で独り暮らしをしていました。ですが、姉と二人でよく顔を出しに行っていたため、家族仲も非常に良い方だと思います。

沼津市内の葬儀場で葬式が終わった後、母の遺産を調べていたのですが、沼津にある自宅と沼津郊外のマンションだけでした。

遺産相続にあまり詳しくなく、現金ではない遺産は分けることができるのでしょうか。なるべく均等に分けたいです。また、その方法も教えていただきたいです。 (沼津)

A:相続財産が不動産だけの遺産相続でも、均等に分配することは可能です。

この度は、静岡東部 相続遺言相談室へご相談いただきありがとうございます。
早速ですがまず、お母様の遺言書が残されていないかご確認ください。
遺産相続では、遺言書があるかないかで後の遺産分割は大きく変わります。

遺産相続をする際に遺言書があると、その遺言書に書かれた内容に従って遺産分割を進めるため、遺産の分割方法について話し合う遺産分割協議は原則必要ありません。

今回は遺言書がないことを前提として遺産相続の進め方をお話しさせていただきます。
残された財産は被相続人が亡くなった時点で相続人の共有財産となるため、遺産分割を行わなければ個人が自由に取りあつかうことができません。

ですので、お母様が残された不動産に関してもご相談者様とお姉様の財産となり、お二人でよく話し合って遺産分割を行いましょう。
分割の仕方にも様々な方法がありますので、それぞれご紹介します。

【換価分割】
遺産となる不動産を売却し、それを現金化してから、相続人の方々で分割する方法です。
今回のご相談者様の場合、まずはお母様のご自宅とマンションの評価を受けた後に、遺産分割についてご姉妹でご相談されることを推奨します。

【現物分割】
そのままの形で遺産を分割する方法です。
今回のご相談者様で置き換えると、お姉様が沼津のご自宅、妹様がマンションというように不動産をそのままの形で相続します。この分割方法は不動産評価がすべて同じとは限らないため、不公平が生じる可能性があります。しかし、相続人となる方全員が納得すれば遺産相続がスムーズに進められるでしょう。

【代償分割】
相続人のうち一人ないし何人かが被相続人の遺産を相続して、残った相続人へ代償金・代償財産を支払う方法です。
不動産を手放すことなく遺産分割を行うことができるため、相続した自宅に相続人が住んでいる場合などに最適な方法かと思われます。ただ、代償金として支払う額の現金を、財産を相続した側が持ち合わせていなければいけません。

静岡東部 相続遺言相談室では、沼津の皆様に遺産相続手続きについて分かりやすくご説明できるよう、遺産相続手続きの専門家による無料相談の場を設けております。また、今回のような遺産相続のみならず、相続全般の知識を備えた専門家が丁寧に対応させていただいております。沼津にお住まいで、お困り事がある方は遠慮なくお問合せください。沼津・沼津近郊にお住まいの皆様からのご連絡をスタッフ一同心よりお待ちしております。

沼津の方より相続についてのご相談

2021年09月02日

Q:母の遺産を相続する事になりました。必要な戸籍について、司法書士の先生教えていただけませんか。(沼津)

私は沼津に住む50代の主婦です。
先月、母が沼津の病院で闘病の末、亡くなりました。
長く入院していたため、覚悟はしておりましたが、しばらくふさぎ込んでおりましたが、最近ようやく遺品整理を始めました。
父は3年前に亡くなっており、私と妹が相続人になるようです。
銀行へ手続きに行くため、戸籍を用意しようと思っているのですが、どのような戸籍が必要となるのでしょうか。(沼津)

A:相続手続きに必要な戸籍についてご説明いたします。

相続手続きには、亡くなった方の出生から亡くなるまでの戸籍が必要となります。
戸籍を取得する際は亡くなった方の最後の本籍地を管轄する役所へ請求します。

被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本・除籍謄本・改正原戸籍謄本」が必要である旨を伝え、取り寄せましょう。
役所が遠方にあり、直接役所へ行くことが困難な際には郵便での請求、取り寄せをすることが出来ますので、各役所のホームページにてご確認ください。

被相続人の出生から死亡までの戸籍にはその人の生年月日、両親の氏名、その両親のもとで兄弟が何人いるか、結婚の経歴、子供が何人いるか、亡くなった日にちなどが記載されています。
この戸籍を確認することで、今回のご相談者様であれば、お母様が亡くなった時点で配偶者がいるのか、ご相談者様以外の子供がいないのかを確認することが出来ます。
つまりは、相続人に当たる人を確認することが出来、もしもご相談者様が把握していなかった隠し子や養子がいた場合には、その方にも相続が発生することになりますので、早めに取り寄せましょう。

また、相続の手続きにおいて相続人全員の現在の戸籍謄本も必要となりますので、併せて取得を進めましょう。

戸籍を取得する際、一つの役所ですべてそろえば手続きはすぐ済みますが、多くの場合には転居や結婚により転籍をしているため、戸籍の内容を読み取り、別の役所へ請求をする必要があります。

相続の手続きでは不慣れな手続きが多く、お困りの方も多くいらっしゃいます。ご自分で進めるのがご心配な場合やご面倒と思われる方は相続の専門家に相談をすることをお勧めします。
静岡東部相続遺言相談室では、沼津にお住まい、あるいは沼津にお勤めの皆様から相続に関する相談をお受けしております。
沼津の相続に精通した専門家が親身になってお話をお伺いします。
初回のご相談は無料でお伺いしておりますので、相続に関してお困りの沼津の皆様、お気軽にお問い合わせください。
沼津にお住まいの皆様からのお問い合わせを心より待ちしております。

1 / 812345...

 

 

沼津・三島・静岡で相続・遺言についてお悩みの方は静岡東部相続遺言相談室まで!

ご相談から解決までの流れ

相続の失敗事例

お客様の声

スタッフ紹介

サービス料金表

事務所紹介

 

  • 当相談室へ無料相談するメリット
  • 家族信託の無料相談

相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続の基礎知識
  • 生前準備の基礎知識