相談事例

沼津の方より相続についてのご相談

2020年08月08日

Q:父が亡くなり、相続手続きをすることになりました。司法書士の先生のアドバイスを頂きたいのですが。(沼津)

司法書士の先生にご相談します。私は長年沼津に住んでいる50代の専業主婦です。先月同じく沼津に住む80代の父が病気で亡くなりました。病気だったとはいえ、心の準備ができておらず悲しみに暮れる中、沼津市にある葬儀場で葬儀を終えたところです。相続など、やらなければいけないことが多いとは思うのですが、なにぶん初めてのことだらけで、何から手を付けたらいいのか全く分かりません。父の遺産は、沼津市の持ち家と貯金がいくらかだろうと思います。相続人が誰になるのか、遺産についてもはっきりとは分かりません。そもそも相続に関する知識は皆無です。まずどうしたらいいのか教えてください。(沼津)

 

A:相続はご自身でも出来ますが、期限などがあり複雑ですので専門家に相談された方が良いでしょう。

被相続人が亡くなったらまず、被相続人の遺言書がないか確認してください。ご自宅にある場合もありますし、法務局や公証役場にて保管されている場合もあります。ご相談者様の場合、お父様は病死とのことですので、お父様がご自身の病状を理解され、先の事を心配して遺言書を残している可能性もあります。基本的に遺言書の内容は民法で定められた法定相続よりも優先されるので遺品整理の際にでも必ず遺言書を探して下さい。

遺言書が見つからない場合は戸籍調査を行います。戸籍調査は被相続人の出生から死亡までの全ての戸籍謄本を取得します。多くの方は生まれてから亡くなるまでの間、複数回転籍をされていることが多く、収集には時間と手間を要しますのでご注意ください。その際、遺産相続の手続きの際に使用するため、相続人の戸籍謄本も併せて取り寄せておきましょう。同時期に被相続人の相続財産についても調査を始めます。所有している不動産の登記事項証明書、固定資産税の納税通知書、銀行の通帳などを集め、相続財産目録を作成し、相続財産全体の内容が一目でわかるようにします。

準備が整いましたら、相続人全員で “遺産分割協議”を行います。遺産の割り振りが決定したら、決定内容を“遺産分割協議書”に記載し、相続人全員で署名・押印を行います。遺産分割協議書は相続により取得した不動産の名義変更の際や、被相続人の預貯金を引き出す際にも必要となる場合があります。

静岡東部相続遺言相談室では、沼津の皆さまからの相続のご相談を多数お受けしております。沼津近郊にお住まいの方で相続全般についてご相談されたいという方は、静岡東部相続遺言相談室の初回無料相談へお越しください。相続人同士で揉めることの多い相続手続きのみならず、金融機関への財産調査のお手伝い等もさせて頂いております。沼津の地域事情に詳しい専門家が、相続に関するご相談を数多くお受けしております。沼津の相続の専門家として、沼津の皆様の親身になってサポートさせていただきます。沼津の皆様からのご連絡をスタッフ一同お待ち申し上げております。

以上のことは、民法(相続法分野)改正に関する記述ですので、ご相談者様の奥様へのご自宅不動産の贈与の進め方については、ぜひ専門家にご相談されることをお勧めします。

 

沼津近郊にお住まいの方で相続全般についてご相談されたいという方は、静岡東部相続遺言相談室の初回無料相談へお越しください。沼津の地域事情に詳しい専門家が、相続に関するご相談を数多くお受けしております。沼津の相続の専門家として沼津の皆様の親身になって、サポートさせていただきます。

 

 

沼津・三島・静岡で相続・遺言についてお悩みの方は静岡東部相続遺言相談室まで!

ご相談から解決までの流れ

相続の失敗事例

お客様の声

スタッフ紹介

サービス料金表

事務所紹介

 

  • 家族信託の無料相談

相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続の基礎知識
  • 生前準備の基礎知識