相続税はどのような財産にかかるのですか?

相続税がかかる財産は、原則として、相続や遺贈によって取得した財産です。
 
例えば、現金、預貯金、土地、建物、株式、投資信託、宝石、家具、自動車、書画・骨董品、事業用資産、電話加入権、著作権などです。
・ 相続や遺贈によって取得したものとみなされる財産(みなし相続財産)
  例えば、死亡退職金や功労金、死亡保険金、生命保険契約の権利などです。
・ 相続開始前3年以内に被相続人から暦年課税に係る贈与によって取得した財産
・ 生前に被相続人から相続時精算課税に係る贈与によって取得した財産

← 相続税に関するQ&Aに戻る
 
 

 

 

沼津・三島・静岡で相続・遺言についてお悩みの方は静岡東部相続遺言相談室まで!

ご相談から解決までの流れ

相続の失敗事例

お客様の声

スタッフ紹介

サービス料金表

事務所紹介

 

  • 家族信託の無料相談

相談事例Q&A

ご相談事例
Q&A形式でご紹介いたします

  • 相続の基礎知識
  • 生前準備の基礎知識